医師転職関連情報

DR-医師転職関連情報TOP 医師バイト(医師アルバイト) 医師バイトの非常勤医師として働く

医師バイトの非常勤医師として働く

医師バイトという言葉には、あまり馴染みがないかもしれません。医師のアルバイトというのは、一般人が想像するものと少し異なります。

例えば普段はどこかの病院で常勤医として働いている医師が、ほかの病院で非常勤医師として働いていることも、医師バイトというのです。

つまり、人手不足の病院へ当直に行ったり、専門の科がない病院へ週に1回だけ勤務したり、各病院のヘルプとして働くなど、アルバイトにもさまざまなシチュエーションがあるわけです。医師がアルバイトすることによって、地域の病院が動き、人々の健康も保たれているわけです。

医師バイトによるメリット

日本人の平均寿命が延びて病院にかかる人、通院をする人も増えてきました。それに伴い病院は医師不足になり、医師バイトをしている医師も増えています。さまざまな合併症などで病院に在籍している医師の専門科を超えてしまったときなど、他の病院からその道のスペシャリストの医師がフォローに来てくれます。

地域の病院同士はライバルではなく助け合いをしなければ患者は救えないという関係性なので、週のうち1日程度は許可されている場合が多いそうです。また、医師バイトを雇うおかげで常勤医師の過労を防ぐことにもつながるので、これからも用いられるものと推測されます。

医師バイトご検討ならこちら

日々、人を助けて支えるお仕事、医師バイトを求める医師も多いようです。医師はとてもやりがいのある、感謝されるお仕事であり、その反面、激務ぶりは容易に想像ができる職業です。

私達から見ると、総合病院等で勤務をしている医師が、まさか掛け持ちで医師バイトをしているなどと思いません。しかし実態は、本業の勤務の片手間、土日や深夜にアルバイトをこなす若い医師が多いようです。

これは自身の経験のステップアップという理由もあるようですが、ほとんどの場合金銭面での困窮が理由と言われています。業務に割が合わない現場も改善が必要ですが、医師アルバイト要員のおかげで業務が成り立っている現場もあるのは事実です。

医師バイトの現状について

総合病院等に勤務しながら、空いた時間に非常勤医として、また当直医としてアルバイト形式で勤務するスタイルを、医師バイトと呼びます。現状では相対的な医師不足の状況となっており、特に地方都市においては深刻な問題となっています。そこで、例えば診療科目によって常勤医がいない総合病院などの補てんとして、その役割を担っています。

また、病院によっては当直医が常勤医不足により実質的に勤務不可能なケースもあり、その代役として非常勤医が担っている場合もあります。医師バイトは医師側の収入補てんの意味合いのほか、医師不足からくる社会的要請により発生しているといった側面を持ちます。

医師アルバイトや非常勤医師募集

現在では、常勤で働いている医師も色々な理由で常勤が難しくなることも少なくありません。病院で働く医師求人の中には、医師非常勤募集や医師アルバイト募集なども多くあります。

開業しているために、月に数回だけアルバイトや非常勤をおこなう方なども少なくありません。

また、女性の医師であれば、夜勤ができなかったりといったこともあると思います。
医師としての仕事でいえば勤務している時は忙しいのは同じですが、労働条件が医師アルバイトや医師非常勤などでは随分と違ってきます。

現在の勤務条件ではこの先働いていくのは難しいと考えている方は、このような医師募集に応募してみるのもひとつの方法ではないでしょうか。

病院側としても、医師が働きやすい環境で長期間勤務してもらうことの方がいいのです。

働く側としても転職すると新しい環境に馴染むまでに時間がかかったり、不要な神経を使ってしまいます。医師求人を見る際には、現在の状況だけではなく、先の状況も考慮して転職をおこなう必要があります。

医師バイトや医師アルバイトについての記事

メニュー

トップページ 精神科医師求人 医師求人 僻地の医師求人・募集 医師転職 医師転職から産業医を考える 医師アルバイト 医師バイト 二重整形 二重まぶた

DR-医師転職関連情報では医師の転職に関わる医師求人についてのコンテンツを掲載しています。非常勤医師アルバイトやスポットの医師バイトに関する情報も合わせてご覧ください。
DR-医師転職関連情報お問い合わせページ