医師転職関連情報

医師転職

医療業界においても、ダブルライセンスを取得して転職に活かしたいと考える人も中にはいます。医師はリハビリ関連や整体などの資格を取ったりする事もあるみたいです。

患者にとっても医師免許を持った人が行ってくれると安心して任せる事ができますね。医師以外の仕事の医師求人に応募するという事もできます。

また、転職する事もできるでしょう。また、認定医や専門医の資格を取得して転職を有利にする事もできるでしょう。複数の資格を得る事で、応募条件に該当する医師求人も増えるのではないでしょうか。

また、医師になった後も、更に資格取得を目指す事で、高い目標を持って仕事に励む事ができるでしょう。

ネット活用と医師転職サイトについて

現在の職場環境に不満がある、もっと働きやすい職場で働きたい、給料が低すぎるなど、今の職場に100%満足している人はいないのではないでしょうか。もし、少しでも改善したいのであれば、医師転職を検討してみてはいかがでしょう。

しかし、実際転職といっても、忙しくてできない人もいるでしょう。例えば、常勤で働いている医師です。医者といえば、医局人事で異動するのがスタンダードでしたが、最近では医局に属さない医者も増えてきています。

そんな医局に属さない医者におすすめしたいのが、求人情報を集めた医師転職サイトです。

医師転職サイトでは、インターネットやスマホで転職情報を確認することができます。手軽に探すことができますし、サイトによってはエージェントのサポートを受けることができます。条件を提示しておけば、その内容に合った医師求人をピックアップしてくれます。時間の短縮にも大きく影響しますので、ぜひ活用してみましょう。

東京での医師転職について

東京での医師転職は、難しいことではありません。医師転職に関して、自分の意見を通すのは難しい時もありますが、東京には大きな総合病院から小さなクリニックまで様々な病院があるため、自分に合った病院に転職することが容易にできます。

例えば、子育て中の医師の場合は時間の融通が効いたり、あまり残業がない病院を探すということも可能です。また、自分のステップアップのためにもう少し設備の整った病院に就職したいということも割と簡単にできます。ライフステージに合わせた働き方ができるのは大都会の魅力の1つといえるのではないでしょうか。

医師転職における病棟管理とはどんな業務内容か?

病棟管理とは、外来の救急患者などを対応することなどではなく、病棟の入院患者の回診や急変時対応にあたることです。求人でも日勤と夜勤の両方があり、日勤では既にいる医師が手術や外来を行えるように、求人している医師が、入院患者に対しての病棟業務を行います。

医師の数の少ない小規模な病院で募集することが多いです。夜勤では救急指定を取っていない病院で、ほとんど夜間救急には患者が来ない場合が多いです。当直医として募集していることもあり、実際の業務は病棟管理のみということになります。医師転職においてはバイトでの求人が多い業務内容です。常勤ではなくバイトで医師転職をお探しの場合におすすめです。

医師転職をして産業医になる

もし医師転職をして産業医になると、企業で働く事になり、企業内では高度な医療などは行わない場合が多いので、常に重い重圧に耐えながら仕事をする事はあまりないかもしれません。

医師転職をして産業医になる事を希望する人もいるみたいです。医師転職をして産業医になると、病院の様に高度な医療の経験を積む事は難しいと思われます。ですので、医師転職先で、医師としてどうしたいのかという事によって産業医が適している場合もあれば、そうではない場合もあるでしょう。

これまでに病院などで十分に実務経験を積んでいる人であれば、医師転職をして産業医になる際に、キャリアをアピールできるのではないでしょうか。

産業医に医師転職する

定年退職をするまでずっと患者の治療を行うドクターとして活躍する人もいますが、産業医に医師転職する人もいます。産業医に医師転職する事で大きく変わる事は勤務が規則的になる場合が多いという事ではないでしょうか。

産業医に医師転職すると、会社の労働条件で働く事になります。ですので、病院での仕事の様に時間外業務が多く発生するという事は考えにくいと言えるかもしれません。

また、病院で経験を積んだドクターが、働きやすい環境を求めて産業医に医師転職するという事もあるかもしれません。産業医に医師転職したいというドクターが少なくないので、いいと思われる求人があれば早めに応募するようにしてみましょう。

医師転職サイトのサポートで理想の医療を現実に

医師転職の理由として最も多いものが、医師としてのやりがいです。一人一人の患者さんとしっかり向き合える医療がしたい、定年後も生涯現役として医療に携わりたいなど、他業界の転職者と比べると前向きな印象が強いです。

しかし理想を追いかける転職となると、自分の希望する条件が求人情報から読み取れないケースがほとんどです。このような場合は医師転職サイトに会員登録する事をお勧めします。会員登録すると、転職をサポートする担当スタッフが付きますので、スタッフに自分の希望を伝えましょう。

豊富なコネクションを活かして条件に見合った転職先を見つけてきてくれます。後は転職先との面談で、双方の意向が一致すれば転職は成功です。

医師転職を進めるための方法

医師として現役で働いている方が医師転職を目指す場合、求人サイトや求人情報誌などが広く活用されており、希望に合わせた内容での仕事条件や勤務環境を見つけ出すことも可能です。

医師としての転職を行う方の場合、現在よりも多くの報酬を手にしたいと考えられていたり、新たな資格を取得したいと考えられていたりすることが多く、より条件に近い項目内容での仕事探しを行う事ができるという要素は重要なものでもあります。

よりスムーズな転職活動を進める意味でも、なるべく多くの情報を集めながら、後悔のない仕事探しを進めたいものです。

医師転職についての記事