医師転職関連情報

DR-医師転職関連情報TOP 医師バイト(医師アルバイト) 医師バイトの上手な探し方

医師バイトの上手な探し方

医師の仕事は激務として知られていますが、全ての医師がフルタイムで勤務をしているわけではありません。スポットの医師アルバイトとして、短時間の勤務に就くことも少なくないのです。もちろん、フルタイムでないからといって責任が軽いわけではなく、誰もが責任感を持って仕事をしています。

医師バイトという形態での勤務を望むのは、大学院で深く勉強したいと考えている医師が中心です。大学院での勉強と仕事とを両立させようとすると、どうしても医師バイトという形態になります。医師の求人は数が限られてしまうのですが、専門のサイトを活用すれば見つけやすいでしょう。

医師バイトの需用性について

世間一般的なイメージですが、医師はどこかの決まった総合病院や個人病院で働き、特にそれ以外は働いたりしていない印象があります。しかし、意外と多いのが医師バイトです。

例えば、休日診療に自分が空いている時には出向いてみたり、医師バイトの専用の登録機関に登録し、土日はそこに派遣されたりするようです。

また別のパターンでは、ある獣医師は獣医医師専門の質問サイトに登録し、そこに質問が入ると返答をするというバイトをしているという方もいるようです。登録している医師も多いらしく、質問にすぐに気づかないと答える事ができないとの事なので、私達の知らない所でたくさんの医師がアルバイトをしているようです。

高額時給でゆとりがある医師アルバイト

麻酔の使い方を学んでいる医学生の方は、麻酔のアルバイトに興味がある方が多いです。なぜ人気があるのかというと、麻酔科のアルバイトは医者の中でも時給が高額に設定されているようで、医師バイトとしても高額になっているからです。

そのため麻酔科で医師アルバイトしたい方が非常に多いようです。これはなぜかというと麻酔科という非常に専門的な技術と知識が重要視されている事と他の科目と比べると数も比較的少ないので希少価値が追加されているようです。

またアルバイトならば時間も比較的自由にできるので、ゆとりをもってはたらく事ができ落ち着いて働きたい方はとってもいい条件で働く事こができそうです。

医師不足の解消と医師バイト

メディアによく医師不足について取り上げています。対策は政治行政など議論、制度化など努力していますが、解決にはまだ時間がかかるようです。僻地、災害地など診療が受けられず不安要素は残ります。そんな中、解決策になるなら臨時、医師バイトには賛成の声が集まります。

本来医師は―医療は誰の為―の基本に務めていると思われます。行政の努力だけで片付く事では無いですし、官民の知恵で良い方向に進んでほしいものです。情報の収集力、対応力は民間の本領であるので、良い思案であるでしょう。患者側、医師側双方にメリット、安心感を与え、本領を発揮して欲しいものです。

思いのほか有意義な健診医師バイト

医師は、普段の外来診療では、何かしらの疾患を伴う患者さんを扱う上、診断、治療に責任を負います。これが大きな義務感の一つになっているのではないでしょうか。

一方、スポットの医師バイトで行う単発の健診では、そういった義務やストレスはあまりありません。異常所見があっても記載するのみかアドバイス程度になります。不特定の質問に対しても、限られた時間内に患者さんを納得させなければならない外来と違って、逆にしっかり説明できる喜びさえ感じてしまいます。

週に一度の研究日を、こういった責任感の少なく、自らの学習にもつながるスポットの医師バイトをして過ごすのも、1つの方法かと思います。

医師バイトや医師アルバイトについての記事

メニュー

トップページ 精神科医師求人 医師求人 僻地の医師求人・募集 医師転職 医師転職から産業医を考える 医師アルバイト 医師バイト 二重整形 二重まぶた

DR-医師転職関連情報では医師の転職に関わる医師求人についてのコンテンツを掲載しています。非常勤医師アルバイトやスポットの医師バイトに関する情報も合わせてご覧ください。
DR-医師転職関連情報お問い合わせページ